スカイマークは裏技がある!最終手段まであった

航空チケットを予約しようと思った時に、希望する便が満席だった場合、通常であればキャンセル待ちをするか、他の便を探すかのどちらかになりますが、スカイマークの場合はどうでしょうか。
スカイマークは大手航空会社のようなキャンセル待ちと言うシステムがありません。
そのため、スカイマークを利用する時にはちょっとしたコツが必要なのです。
スカイマークを利用する時のコツにはどのようなものがあるのでしょうか。

スカイマークで空席を見つけるには?

格安航空券も利用する事が出来るスカイマークは、キャンセル待ちをする時にはちょっとしたコツがあります。
前述したようにキャンセル待ちと言うシステムはありませんが、他の航空会社同様にキャンセル自体はあるものです。
日程や区間の関係でスカイマークを利用したい場合で格安航空券の便も満席と言う場合は、ちょっと夜更かしをしてスカイマークのサイトをチェックする事がおすすめです。
スカイマークでは毎日深夜の0時斑から2時頃にかけての間、空席状況がまとめて検索に反映されると言う特徴があります。
これはこの時間帯の情報が1番フレッシュなので、夜更かしをしてチェックする以外に方法がないのが難点ですが、ちょっとした裏技的な魅力でしょう。
運も左右するかもしれませんが、こまめにチェックしていると思わぬところで空席を見つける可能性があります。
どうしても乗りたい便がある時には少しがんばってみるのも良いでしょう。


どうしても空席が見つからなかった場合は最終手段があります

事前にキャンセル待ちをしようと決めて、前述したような手段でがんばってみてもどうしても空席が出なかった場合は、最終的に空港で空席待ちをするより他ありません。
空港でキャンセル待ちをするには、予約がされなかった航空券と空席待ち整理券を入手し、実際にその便が出発する直前まで空席が出るのを待つ事になります。
かなり確率としては低くなりますが、最終手段としては粘れる方法です。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP