早割の特徴と利用に適している方

飛行機に乗る時には出来るだけ安く乗りたいと思うのは誰もが同じです。
早割は、割引が適用になる運賃の中でも指定された期日より早く購入する事が条件になっている割引制度で、格安航空券の中でも良く見かけるものです。
正式名称を早期購入割引と言い、一般的には早割のように略して言われる事が多くあります。
この早割の上手な使い方にはどのようなものがあるのでしょうか。

早期購入割引とは?

格安航空券としても知られている早割は、28日前、55日前、60日前のように特定の期間までに航空チケットを予約する事で割引になるものです。
JALでは先得、ANAでは旅割のように名前が航空会社によって違いますが、同じようなシステムでほぼ全ての航空会社にあるものです。
早割と言うのは、ANAの登録商標で、他の航空会社はこの名称を使う事が出来ませんが、現存する早期購入割引の対象となる格安航空券は、ほぼ同じ意味の内容のものがほとんどです。


早割の基本とは

  • 購入期限が決まっている事
  • 予約の変更は出来ない
  • キャンセル料金が高額

航空チケットの値段自体はとても安いので、予約の変更をしなければ格安で利用する事が出来ます。
しかし、どうしても予約の変更が必要な時には、その意味は薄らいで、高いキャンセル料金を支払わなければなりません。
予定が立てやすく、その予定を実行できる学生さんや若い世代には人気がありますが、ビジネスのように予定の変更がある場合にはあまり適していない割引制度です。

高額なキャンセル料金の相場は

出発前のキャンセル料金で比較してみると、大手航空会社各社で比較をすると最大で63パーセント、低く見ても50パーセントです。
つまり、最低でも航空チケットの半額は戻ってこない計算になるので、格安の意味がほとんどありません。

早期購入割引のまとめ

事前に予定がしっかりと決まっていて、その予定通りに飛行機に乗る事が出来るなら、とても格安で利用できる航空チケットです。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP