飛行機に安く乗るにはどうしたら良い?

飛行機は、電車や新幹線のような陸路と違って、運賃が変動する乗り物です。
燃料代や繁忙期などによって変動する飛行機の運賃は、出来る事なら安く乗れるように工夫したいところでしょう。
飛行機に安く乗るには、格安航空券や割引運賃を利用する事が一般的で、その情報は航空会社の公式ホームページ上で公開している事が多いですが、提携している旅行会社でも入手する事が出来ます。
飛行機に出来る限り安く乗る方法について、さまざまな視点から見て行くとどんな方法があるのでしょうか。


まずは大手航空会社をチェック

飛行機に安く乗る事を考えるなら、まずは日本の大手航空会社のJALやANAの運賃をチェックする事から始めます。
チェックする時のポイントとして、出発日のおよそ2ケ月ほど前から運賃をチェックする事が必要です。
逆に言えば、チェックを始めた2ケ月先を出発日にして、激安な航空券を探すと言う事です。
なぜ2ケ月と言う期間があるのかと言うと、正規運賃の7割から8割くらいでチケットが購入出来るからです。
また、大手航空会社の割引チケットは、最安値とは言えない事が多く、自分が入手しようとするチケットの最高値の目安にする事が出来ます。
正規運賃の7割の料金でチケットがあっても、それ以上に激安なチケットが他の航空会社で存在している可能性があるのです。

日程をチケットに合わせる努力も必要

例えば旅行の場合、日程が特に決まっていない時は、激安な航空券が購入できる日に合わせて旅行プランを立てると言う方法もあります。
翌日になると運賃が上がる事も十分に考えられますし、激安な航空券がその日にしか購入できないのなら、日程を合わせる努力をする必要も出てきます。
そして、激安な航空券を購入したら、少々の事は気にしないで、出来る限りその便に乗る事が重要です。
せっかくの激安航空券を有効利用するためには重要なポイントになります。
激安な航空券を購入するだけがお得と言うわけではないので、購入したら何が何でもその便を利用して乗る事に意味があるのです。

格安航空券は、キャンセル料に注意が必要

せっかくこれが最安値だと思える航空券を格安航空券予約して購入出来ても、何らかの理由で日程が少しでもずれてしまうような事があれば、その航空券はキャンセル料を払ってチケットを買い直す事になります。
もちろん、同じような最安値と思えるような運賃では購入出来ない可能性の方が高いです。
安い航空券は基本的に予約の変更が出来ませんから、キャンセル料は高めに設定されている事がほとんどです。
それだけこだわりのある安さにしているから予約変更が出来ないのでしょうが、それをキャンセルする時のキャンセル料には注意しておいた方が良いです。
場合によっては購入した金額以上のキャンセル料になる場合も考えられますから、その時にはかなり損をする事になります。

パッケージツアーも安く飛行機に乗る事が出来ます

飛行機に安く乗る事に重点を置いて考えるなら、旅行会社が販売しているパッケージツアーを利用するのも1つの方法です。
パッケージツアーは、大抵の場合、航空券とホテルの組み合わせで1つのパッケージにしていて、宿泊先と航空チケットを1度に予約する事が出来るものです。
旅行会社での販売になるので、内容もさまざまなものがあり、用途によってはとても便利に利用する事が出来ます。
ビジネスシーンでも、出張などの場合に利用される事もありますし、プライベートでもフリーの時間がたっぷりとれるようなら旅行にも利用される事があります。

運航している区間がマッチングするならLCCも安い

飛行機に安く乗る、と言う事に重点を置くなら、目的地までの区間が運航路線とマッチしている事を前提に、LCCの利用も考えておいた方が良いでしょう。
成田拠点で言えば、ジェットスターやバニラエア、関空拠点ならピーチなどがLCCです。
運航路線が限られているので、事前にしっかりと調べる事が必要ですが、自分の利用したい区間と運航路線がマッチングしていれば、これほど安く利用出来る飛行機はないかもしれません。
ただし、LCCの場合は航空会社ごとにルールが違ったり、条件があったりしますので、利用する時には運航路線同様に詳しく調べておく必要があります。

飛行機に出来る限り安く乗る方法のまとめ

飛行機に出来る限り安く乗るには、情報収集をしっかりと行い、出発日の最安値を調べる事が重要です。
また、格安航空券を販売しているその日に予定を合わせて利用すると言う努力も必要になります。
飛行機を利用する日程があらかじめ決まっている時には、その日程のおよそ2ケ月くらい前からの情報収集が大切で、各航空会社の割引を上手く利用すると言うのも1つの方法です。
しかし、どの航空会社を利用するにしても、どんな割引を利用するにしてもキャンセル料には気を付けなくてはなりません。
場合によっては航空券の料金よりも高いキャンセル料になる事も考えられますから、予定はしっかりと立てる事が重要です。

更新情報

2016/05/16
飛行機に安く乗るにはどうしたら良い?の情報を更新しました。
2016/05/09
パックツアーを利用するメリットと注意点の情報を更新しました。
2016/05/09
早割の特徴と利用に適している方の情報を更新しました。
2016/05/09
希望便が満席だったらどうしたら良いでしょうかの情報を更新しました。
2016/05/09
スカイマークは裏技がある!最終手段まであったの情報を更新しました。
△PAGE TOP